【ウェブ小説】川田リリアの初恋(リリア視点)

ウェブ小説

「あと、アタシ……変わったから」

 そう、変わったの。

 幼稚園のころの、気弱でトロくて泣き虫の「リリちゃん」は、もういない。

 ちゃんと自分の意見も言えるし、オシャレだってする。
 努力して、ぜんぶ自分で変えた。
 強くなったんだ。

 ――アタシは、今のアタシが好き。

 あのころのダメな自分のことは、もう思い出したくない。

「じゃあ、アタシ、これから行くとこあるから」

 過去を断ち切るように、フイと顔をそむけて、歩きだす。

(もう、ほっといて)

 そう、心の中で念じる。
 ……念じたところで、とは思うけど。

「おーい」

 ……ほら、やっぱり。

 案の定、思いは届かず。
 すかさず、うしろから気のぬけた声が追いかけてくる。

「おれ、またこっちもどってきたんだ! 四月から晴天中! リリちゃんもでしょ?」

 チラッとふりかえると、水戸冬馬はブンブン手をふりながら、さけんでる。
 まわりの人が、不思議そうに、アイツとアタシを見比べる。
 ……ハズいからやめてよ、マジで。

 アタシはくるりと引き返し、ずんずんと水戸冬馬に迫る。

「二度と大声で話しかけないで」

 ギロッと下からにらみつけるアタシに、彼はまた、ぱあっと、花が咲くみたいな笑顔をうかべる。

「オッケー! またよろしくね、リリちゃん!」
「だから、その呼び方やめてってば」
「おれのことは、トトくんって呼んでくれていいよ!」
「いやよ、もう子どもじゃないんだから」
「えー。じゃあ、『冬馬』で! 名字で呼ぶの、なんかよそよそしくて好きじゃないんだ」
「……あっそ」

 もはや、怒る気もなくした。
 アタシはやれやれと息をつき、携帯をとりだす。

「ほら、アタシの連絡先。今後、用があるならこっちに連絡して」
「えっ、いいの? やったー!」
「いい? 今後、まちがっても、道ばたで大声だして呼び止めたりしないでよね」
「オッケーオッケー!」

 ウキウキ、はしゃぎながら、アタシの連絡先を登録する、冬馬。

(……ほんと、調子くるう)

 ヘンなヤツ。
 でも……本音を言うと、そんなに、嫌じゃない。

 なんで、そんな風に思うんだろ。

 自分で自分がわからなくて、なんだか、むしょうに腹が立つ。

「じゃ、引きとめてごめんね。またねー!」

 ぶんぶん手を振り、去って行く背中。

 ふわふわと風になびくくせっ毛は、今も昔も変わらない。

 あれが、アタシの、「初恋」の人。

(おわり)

43

コメント

タイトルとURLをコピーしました